・English ・Chinese ・Korean

かんころ餅つくり

022

昔から黒島でもかんころ餅づくりは盛んです。

 

作り方

047かんころは、長崎県五島地方の方言で、サツマイモを薄く切って天日干ししたもののことです。
サツマイモを専用の芋つき(手作りのカット道具)でカットし、平釜で茹でます。
茹でた後、やぐらに干していきます。
2~3日干して乾かす作業を繰り返し、干しイモにしていきます。



 

かんころ餅つくり

001kankoroかんころを桶などに入れて熱湯で洗い、蓋をして、しばらくふやかしてから蒸し器へ。



 

010006蒸したかんころと蒸した餅米を加えていきます。
かんころと餅が混ざったらミキサーへ。



 

かんころ餅かんころ餅ミキサーから絞り出して、かまぼこ型に成型していきます。



 

黒島のかんころ餅

003黒島の赤土で育ったサツマイモの甘さがほっこりと幸せにしてくれる、昔ながらのおやつです。
お芋のような、お餅のような…中間のいいとこどりのかんころ餅は、冬期の保存食として作られていましたが、今では長崎県特産品。
生姜を入れたり、ごま風味にしたりとバリエーションも増えています。
保存料を一切使用せず、無添加、無着色の自然な味わいが懐かしい、郷土の味です。
写真は平釜を使っている様子です。
黒島では、島豆腐やふくれまんじゅうつくり、かんころ餅づくりにも、かまどを使います。