漬物作り

007

島の野菜で作られるお漬物は、代々受け継がれた漬け方と各家庭の味付けがあります。

 

たくあん

大根漬物大根の収穫時期は、いくつもの漬物樽が並びます。
皮をむいて漬け汁に一週間ほど漬けて完成です。
砂糖や塩や醤油でつくる漬け汁の味付けは、お母さんの担当。
おとうさんは、大根の風味が強く残っているけれど、甘みも出だす3日目くらいが好きだとか。



 

ごぶ漬け

75干されているのは、かんぴょうを色付けしたもののような、チリチリマフラーのような。
匂いをかいでみるとなにやら大根…。
「ねじ干し大根」というものです。
干してはねじり、干してはねじりを繰り返しながら乾燥させ、「ごぶ漬け」と呼ばれる漬物にすることが多いそうです。



 

切り干し大根

切り干し大根漬物とはちょっと違いますが、大根の収穫時期には、切り干し大根の干し棚が出てきます。



 

011お父さんお手製の、切り干し大根カット用の道具。



 

切り干し大根カットされたばかりの大根は太目ですが、つめたい風にさらされるうちに、あの細い切り干し大根へと変わります。
干すことで、旨みも栄養もぎゅっとつまった大根になります。