・English ・Chinese ・Korean

黒島の産業

036

現在では、農業と漁業が中心です。
 
農業については、黒島の土は赤土のため、イモ、タマネギなど根菜類が特においしく育ちます。
黒島の海では、鯛、鯵、イサキ、サザエ、アワビ、ウチワエビ、カワハギなどなど、 様々な魚介類がとれますが、とくにウニやアワビ、イセエビ、ウチワエビが人気です。
 
かつては御影石の生産が盛んで、黒島天主堂にも島内で切り出された石が使われています。

ふるさとを思い出すような黒島の暮らし。

 

漁業

014従事者が島全体の70%を占め、黒島の主な産業となっています。
一本釣り、刺し網、ゴチ網、たこ壺、定置網などの漁が中心です。
 
昭和54年に養殖場が整備され、ハマチ・ヒラスの養殖にも力を入れています。
平成11年よりマグロの養殖もおこなわれています。
 
ヒジキ、アオサなどの藻類の採捕や、ウニ、サザエ、アワビなどの採貝漁業もおこなわれています。


 

農業

11377107_494206240728196_1824871045862917387_n畑作、畜産が行われています。
稲作は地形の関係上、わずかの栽培量になっています。
 
畑作では、ジャガイモ、サツマイモ、大豆、えんどう豆を中心に、四季おりおりの葉物や根菜類の栽培がおこなわれています。
水はけのよい赤土は根菜類の栽培に向いています。
 
サツマイモはかんころ餅の材料でもあり、受け継がれた家庭の味で、生姜風味だったりゴマを入れたりとアレンジが加えられています。
 
大根は切り干し大根や、ごぶ漬けなどの漬物にもなります。
農作物の保存食の文化も黒島の家庭には多く残っています。


 

島御影石

003黒島の石材業を確立した藤山芳太郎は、多くの弟子をとり石材職人を養成しました。
そのほとんどが本村(ほんむら)地区の人たちで、それぞれが独立して一人前の職人になると親しい者や親戚同士で組を作り、石の切り出しを始めました。
 
藤山芳太郎も黒島天主堂建設の際にも礎石の切り出しをし、門柱、石垣、石段もすべて黒島の御影石を使いました。
 
大正7年(1918年)黒島御影石は、鳥居、橋石、建築用石材、石塔石としての需要が多くなり佐世保や長崎などにまで積み出され、平戸亀岡神社、長崎諏訪神社の鳥居や敷石などにも使用されたそうです。


島内での利用

src_40945867黒島大聖堂の基礎石としても島の御影石が使われましたが、石垣や民家の基礎石、井戸を作る際にも利用されるなど、生活の中に取り込まれています。
墓石としても仏教徒の墓、キリスト教徒の墓、どちらにも使われています。