・English ・Chinese ・Korean

黒島の歴史

009

その昔、黒島を含め、現在の佐世保市、平戸市、伊万里市などの一帯は松浦氏という豪族を一大勢力とし、その他豪族や海賊により統治されていました。

黒島は室町時代後期から戦国時代初期にかけて、松浦氏が北松浦半島や周辺、島嶼(しましょ)の統一を進める過程でその領地となりました。
その後松浦氏の家臣である西氏が付近に出没していた海賊討伐の褒美として黒島を与えられ、島の直接の統治を行うようになります。

江戸時代になると、黒島は平戸島(現在の平戸市)に居城を置く平戸藩の領地へ。
その当時の黒島は、石高(米の収穫量)は少ないものの、農業・漁業に加え、御影石の採石地、軍馬の飼育地でありました。
江戸時代後期、幕府のキリシタン禁教政策による弾圧から逃れた大村藩の藩のキリシタン達がこの島に居住するようになります。

1865年に長崎浦上のキリシタンが大浦天主堂で信仰を明らかにした「信徒発見」から数ヵ月後には、早くも島の信徒代表者が大浦天主堂を訪ね、その後、明治時代にカトリックに復帰。
1902年には現在のカトリック黒島天主堂が建てられ、いまも島民の約8割がカトリック信者です。

明治の町村制以降は北松浦郡黒島村という一島一村となり、1954年(昭和29年)に佐世保市に編入、同市黒島免を経て1958年に同市黒島町となりました。

島嶼(とうしょ)とは…*狭い地域に集中する2つ以上の島嶼の集まりを「島嶼群」といいます。島嶼群の集まり、もしくは大規模な島嶼群を「諸島」といい、諸島のうち列状に並ぶものは「列島」、塊状の形状をなすものは「群島」と呼ばれます。

 

厳しい弾圧を経て、「復活」した奇跡

025

『黒島とキリスト教』

黒島にキリスト教が伝わったのは、三百数十年前と言われています。

キリスト教は室町時代(戦国時代)に日本に伝わり、各地に広まっていきました。
しかし、その教えの中には大名たちが国を治めていくうえで、不都合な部分も含まれていたため、豊臣秀吉や徳川家康により「キリスト教禁止令」が出されました。
その弾圧は明治時代初期まで続き、信者にとって、「信仰を捨て生きるべきか、信仰を守り、死ぬべきか」という選択を余儀なくされる苦しい試練の時代でした。
当時、黒島の属していた平戸藩でもキリスト教弾圧は徐々に厳しくなっていきました。

平戸藩の家老、山口治左衛門は、弾圧により脱藩し、黒島に逃れてきた“黒島キリシタンの始祖”と言われています。
松浦鎮信公(執政1568~1600)のキリシタン弾圧の折り、山口治左衛門が信仰の自由をもとめ、当時、キリシタンの多かった大村へ、そこも迫害がはじまり、さらに黒島に移ったのが始まりと言われています。

弾圧を逃れてきたキリシタンは、五島をはじめとする島々に移住し、密かに信仰を続けます。
黒島の約600人の移住信者も、出口大吉をリーダーに信仰活動を続けていました。
出口大吉は長崎の出島へ出向き、密かに神父を招きミサを行い、教理や洗礼を学び、他の島々へ宣教に行ったりとする活動も行っていました。

踏絵や拷問の弾圧に耐え潜伏しながらも、信仰を貫き、信徒発見までの時代を乗り切ったのです。

 

島の年表と日本の出来事

年号年代黒島の出来事日本の出来事
鎌倉時代1192平戸松浦氏の始祖、峯五郎披(みねごろうひらく)の所領に黒島の名前が現れる。
鎌倉幕府より黒島を所領として与えられる。(歴史上にでた最初の記録)この頃の黒島は牧場であった。
源頼朝、鎌倉幕府を開く。
(1192年)
1300このあたりの一帯には海賊がいて、黒島は海賊船の仮泊所となっていた。
1429平戸津吉方面と共に、黒島は豪族“西常陸守(にしひたちのかみ)の所領となる。
1467津吉・宇久・生月の豪族と松浦氏との領地争いが起こり、黒島は勝利した松浦氏の所領となる。応仁の乱、起こる。
(1467年)
1550フランシスコ・ザビエルが平戸に伝道。キリスト教が日本に伝わる。(1599年)
安土桃山時代平戸から「本触」と称する仏教徒が「本村」の村中とういう地区へ移り住む。
1580海賊討伐の功績により、松浦氏より西丈右衛門氏(※)の所領となる。
黒島に屋敷を立てて住む。西屋敷跡がある。(※)常陸守の子孫
豊臣秀吉、禁教令を出す。
(1587年)
1599平戸藩の家老、キリスト教徒“山口治左衛門”は、迫害をのがれ、大村へ、さらに黒島に移り住む。
キリスト教移住者の始まりではないかと考えられる。
(のちに仏教徒となり名を変え、平戸に住む)
平戸領地内、切支丹(キリシタン)追放令がでる。
(1599年)
江戸時代1604黒島の見地で石高47石の記録があり、この頃には、かなりの人が住んでいたと思われる。関ヶ原の戦い。
(1600年)
徳川家康、江戸幕府を開く。
(1603年)
1612幕府の直轄領になり、キリスト教禁止令が出される。
迫害がきびしくなり、隠れキリシタンが他にも移住する。
島原の乱、起こる。
(1637年)
1780このころ全島27戸。開墾が難しく移民を希望する。
1789平戸、前津吉の曹洞宗“長泉寺”の末寺として黒島に「興禅寺」が建てられる。
※最初に建った場所は本村地区の寺山という地名で残っている。
1797五島藩が大村藩に原野開墾の農民を求める。
大村藩は、この頃、人口過密で、外海地方の農民を移民させる。
1803平戸藩主が黒島での放牧場をやめる。
自由に人が住んでいいとの許可が出る。
伊能忠敬、日本全土の地図製作の測量を始める。
(1800年)
18122月8日、伊能忠敬は平戸島津吉より伊島、幸ノ小島を測量し、黒島の本村に上陸。
番岳に登り、黒島の緯度・経度を測量し、黒島の位北緯を確認。
2月10日、津吉に帰る。
1815針尾島、生月島、外海より隠れキリシタンが各地よりうつり住んでくる。106戸の記録がある。
1865<信徒発見>
長崎に大浦天主堂が建設されると、黒島の出口吉太夫・大吉親子が長崎へ小舟で出かけ、600人の信徒がいることを告げる。
長崎に大浦天主堂が建設される。
(1864年)
明治時代1878黒島のカトリック教徒がローマカトリックに復活。
ペルー神父が名切地区に木造の教会を建設。
※明治11年。
キリスト教解禁。
(1873年※明治6年)
1900マルマン神父が現在の天主堂の建設を始める。
※明治33年。
佐世保村が市制施行し、佐世保市となる。
(1902年※明治35年4月)
1902明治35年、天主堂完成。
当時のお金で建築費用約15,000円(内、天井費用3,000円)

西一族について

平戸藩の有力な家臣であり、豊臣秀吉の朝鮮出兵の時も出陣し、150石取となりました。
15代目西斎(にしいつき)は十条製紙社長です。(昭和24年)