ながさき地おこマルシェで黒島名物を販売

3月10、11日に開催される「ながさき地おこマルシェ」

facebookページはコチラ

黒島からは「島外不出!幻のふくれまんじゅう!」のご紹介をさせていただきます!

黒島のふくれまんじゅうの歴史は隠れキリシタンの時代までさかのぼるとも言われており、昔から黒島の祝いの席などでは必ず出されているという伝統的な家庭料理です。

それぞれの家庭で微妙に加減が違うため、お嫁さんが嫁いですぐにお姑さんから教わるのがその家に代々伝わるふくれまんじゅうの作り方なんだとか。

作り方は小麦粉を発酵させて生地にし、小豆あんを入れてサツマサンキライの葉に乗せてふっくらと蒸すのが伝統の手法。

どこか懐かしく素朴な味のまんじゅうは、今でも島外では製造も販売もされておらず、黒島に来なければ絶対に食べられないというまさに“幻のまんじゅう”なのです。

今回その黒島のふくれまんじゅうが、地おこマルシェ限定販売ということで初めて上陸することになりました!
その日に島のお母さんたちが手作りしたものを島から直送!
蒸し直してアツアツの状態でご提供いたします!

今回はご来場いただいた皆さまにぜひ黒島の味を楽しんでいただきたいということで、
特別大サービス、1パック2個入りでなんと“200円(税込)”で販売いたします!!

黒島ふくれまんじゅうが島外で味わえるめったにない機会ですので、皆さまぜひお買い求めください!

また当日は黒島産の塩蔵ワカメも販売しますのでこちらもお土産にぜひ!!