· Japanese · English · Chinese · Korean
黒島天主堂島めしふくれまんじゅう島の旅おくんち

黒島天主堂

黒島のほぼ中央に北面して建つ、三廊式バシリカ型教会堂です。世界遺産候補であり、国の重要文化財に指定されています。

Read More »

島めし

黒島の食材で昔ながらの味付けでつくられた御膳です。手作りの島のおふくろの味です。

Read More »

ふくれまんじゅう

お祝いの時にふるまわれていた島のスイーツ。黒島の小豆あんを使い、サツマサンキライの葉を敷き蒸します。

Read More »

島の旅

面積5.3平方km、周囲約12.5km。隠れキリシタンの子孫が住む原生林の残る島をあるいてみませんか。

Read More »

おくんち

黒島の秋のお祭りです。御神体が神輿で担がれ、海水で清めれ、神事を行います。神楽や舞が奉納されます。

Read More »
体験する experience
穏やかな時間が流れる黒島へようこそ
黒島について
黒島についてAbout kuroshima
黒島の暮らし
黒島の暮らしLiving in kuroshima
黒島を楽しむ
黒島を楽しむPlease enjoy a nice trip

信仰と歴史が美しく調和する島

長崎県佐世保市・黒島は世界遺産登録をめざす黒島天主堂がある島です。穏やかな暮らし方を教えてくれる島であなただけの旅を。

 

黒島という小さな離島。
フェリーのつく港には漁船がならび、島の道をのぼると、木々の間に家々、四季の花々。
多くの種類の野菜や穀物が実る田畑。懐かしいふるさとを思わせる景色です。

島の中央には明治期にマルマン神父と島民によって建てられた美しい佇まいの教会。
日本の西端の島にとつぜん現れる教会は幻想的で荘厳ながらも親しみやすい天主堂です。
「ここに来んと気持ちの落ち着かん」と80歳のおばちゃん。
日曜のミサ、漁の帰り、学校の帰り、ゆるやかな坂をのぼり島民が集う心の場所だからかもしれません。

自然と共に生きている人々の仏教とカトリックの共存する穏やかな島。

訪れた人は「ただいま」という気持ちになるといいます。
多くのモノに囲まれた生活で、いつしか忘れてしまった「これでしあわせ」を思い出すような微笑と出会う旅。
じんわりゆっくり、心の日曜日を過ごしてください。