・English ・Chinese ・Korean
黒島天主堂の耐震化・保存修理工事長い禁教を経て信仰復帰ロマネスク様式

黒島天主堂の耐震化・保存修理工事

工事の為の立入制限期間 2019年2月4日~2021年3月まで(予定)です。

長い禁教を経て信仰復帰

マルマン神父のもと、信者の資金供出と献身的な労力奉仕により、レンガ造りの教会が完成。禁教期の固有の信仰形態とその終焉を示している。

Read More »

ロマネスク様式

特産の黒島御影石を基礎に、祭壇には有田焼磁器タイルが敷き詰められている。リブ・ヴォールト天井が特徴。1998年に国の重要文化財に。

Read More »
Experience tour
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産-黒島の集落
黒島天主堂
黒島天主堂見学事前連絡
フェリーくろしま
アクセスフェリーくろしま
島めし
島めし要予約

INFO

 【黒島天主堂】耐震化・保存修理工事に伴う見学制限

黒島天主堂の耐震化・保存修理工事に伴い、見学希望者の安全確保のため、敷地内への立ち入り制限をしております。
ご理解とご協力をお願いいたします。

1.工事内容
  煉瓦壁や小塔・脱出入口の構造補強(耐震化)及び破損部の修理を中心に、脇出入り口持ち上げ、屋根雨漏り補修、窓ガラス補修、漆喰壁、塗装補修

2.見学不可期間
  2019年2月4日(月)~2021年3月末(予定)

3.工事についての問合せ先
  佐世保市教育委員会 文化財課 電話 0956-25-9634(直通)

 世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」に決定

2018年6月24日からバーレーンで開かれた世界遺産委員会において、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の登録の可否が30日に審議されました。
委員会各国の肯定的な意見の中、17時50分ごろ世界遺産決定となりました。

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産登録関連の外部サイト

 はじめての方へ

知っていればあわてることなし!

アクセスやフェリーの事、宿泊や食事、買い物、スマホ・携帯の電波状況は?
黒島天主堂の見学は事前連絡が必要など、よくあるご質問形式にまとめました。

 坂道のアポロン 物語の舞台へ

佐世保が舞台-ロケ地巡りで感動をふたたび

させぼ・おぢかの観光情報サイト「海風の国」で「坂道のアポロン」特集ページ公開中

当サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。見学や体験ガイド申込みなど、お問合せはメールフォームもご利用ください。